子供のためにおもちゃを選んだはずが

子供のためを思っておもちゃを選んで購入したのに、なかなか遊んでくれなかったということはよくあります。年齢に合わせて購入したはずが、購入してからはなかなか遊ばずに、1年後にようやく遊びだしたということもよくあります。どうせ購入するのであれば、興味を持ってよく遊んでくれたり、成長へとつながるものを買ってあげたいものです。そこで0歳と1歳児のそれぞれの発達に合わせたおもちゃの選び方をご紹介したいと思います。

0歳児向けのおもちゃの選び方のポイント

まず0歳の子どもに向けたおもちゃの選び方のポイントで一番大切になってくるのは、安心、安全なおもちゃを選ぶということです。今まで寝ているだけだった赤ちゃんが、寝返りをし、おすわりができるようになると、手を伸ばし探求活動が活発化します。この探求活動を伸ばすためには、押す、引っ張る、振るというような動きのあるおもちゃがぴったりです。動きに合わせた反応やいろいろな手触りを体験することで、探求心を刺激することができます。

1歳児向けのおもちゃの選び方のポイント

1歳を迎えると、子供の中にも自我が芽生え、好き嫌いが見られるようになります。大人が気に入ったおもちゃでも本人が気に入らなければ見向きもしないこともあります。また遊びがワンパターンだとすぐに飽きてしまうこともあります。このような場合、子供の目線でおもちゃを選ぶことが大切です。普段から馴染みのある動物や乗り物、食べ物などがテーマになったおもちゃは喜ぶでしょう。また好奇心が旺盛になってくるので、反応が複数あるおもちゃや種類を変えられるおもちゃがおすすめです。

不要になったフィギュアの買取なら自宅に居ながらやり取りのできる店舗が手間がかからないので楽です。箱や付属品あどを完備しているフィギュアなら高価買取も期待できます。