中古車の販売ルートを確認しよう

中古の外車の販売ルートは主に2つあります。1つ目は正規ディーラーが販売する正規輸入車を認定中古車として販売する形です。もう1つは輸入車販売店や中古車販売店が海外で直接仕入れた外車やオークションで手に入れた外車などを中古輸入車として販売する形です。中古輸入車はディーラーの手を通していないので価格が安いというメリットがあります。でも、認定中古車は正規ディーラーが点検・整備をした上で販売しているので安心感があるんですよね。始めて中古の外車を買うなら認定中古車の方が安心できると思いますよ。

右ハンドルにするか左ハンドルにするか

外車の多くは左ハンドルですが、日本向けに右ハンドルで作られている車種も少なくありません。日本の道路は右ハンドル前提で作られているので、操作性を考えると右ハンドルという事になります。ただ、外車で右ハンドルもあるモデルは、本来は左ハンドルの車を強引に右ハンドルに変えている場合も多いんですよね。なので、右ハンドルなのに運転しづらいということも考えられます。ですから右ハンドルにするか左ハンドルにするかは、試乗して決めるのが一番ですよ。

部品の供給について確認

外車の中古車を購入する前に部品の供給について確認する必要があります。やはり海外メーカーの車ですから、メーカーや車種によっては部品の供給が遅くなるんですよ。特に古い年式の車種や日本国内に正規ディーラーが少ないメーカーの車は、日本に部品の在庫がない可能性があります。なので、購入前に部品の供給状況や、部品が届くまでの時間について確認する必要があります。傾向としては正規ディーラーが取り扱う認定中古車の方が部品の供給が安定してますね。

ボルボの中古車は、豊富な在庫が流通しており、年式や走行距離、装備、グレードなど、様々な点を比較しながら選択できます。